天文館で朝読書「TenDoku」 公式ホームページへようこそ!

TenDoku 10年目は『旅する読書会』開催

 

天文館で朝読書TenDokuは、2010年に始まり、今年で10年目に入りました。

そこで、10年目となる今年は、県内各地を読書会しながら回ります。

 

その名も「旅する読書会 Tabi Doku」

 

TenDokuスタイルの読書会を、県内各地で開催すべく、案内人の2人(永山・福永)がお伺いします。

 

【開催予定日と開催予定場所はこちら】

2月3日(日) 南大隅町

3月10日(日) さつま町

4月7日(日)   出水市

5月12日(日) 志布志市

6月9日(日)   伊佐市

7月7日(日)   阿久根市

8月4日(日)   肝付町

9月1日(日)    鹿屋市

10月13日(日)   南さつま市

11月10日(日) 頴娃町

12月1日(日)   桜島
 
3月10日開催のさつま町会場については、こちらからご予約くださいませ。

【TenDokuの流れは、こちらをご覧ください。】

 

 

【天文館で朝読書 「TenDoku(てんどく)」 とは?】

 

読書会"TenDoku(てんどく)"は、個々人がオススメの本を持ち寄り、

グループ内で本を紹介し合う読書コミュニティ。

「本を通じて人生をより豊かにする仲間が集う場」をコンセプトにしています。


読書から得られることは非常に多く、それを朝に皆で時間を過ごしながら共有していくことは、非常に意義があることと思われます。
この読書会で様々な価値観に触れ、学んだことを実践・定着することによって、

より豊かな人生を過ごすための一歩になれば幸いです。

 

                                                                   TenDoku 主宰 永山由高 

 

 

★★★ 過去のTenDoku開催報告 ★★★ 

 過去のTenDokuの模様は→こちら

 毎回のTenDokuの模様を写真とともにアップしています。

 前回のTenDokuの様子なども、レポートとともにご覧ください。